戯言, 教育, 育児

はぴむす

昨日で息子が5歳になった。早いねぇ。
 
それに伴って、昨日はアソビカイギをお休みした。
もし遊びに来てくれる予定だった方はごめんなさいね。
 
 
今日からまたしばらくは大体毎日開けてると思うんで、遊びに来てね。
 
 
 
さてさて、息子が5歳ってことで、あと1年の後、小学生とやらになるわけだ。
 
 
僕らくらいの年齢だと、周囲の人々も親になった人がぼちぼち居るんで、そろそろ、校区がとうのこうのって話なんかもよくする。
 
 
北九州って地域は、世間一般のイメージだと、どこの学校も治安が悪そうだけども、
まぁ確かにそうっちゃそうだけど、そんな学校で過ごした人でも、平和で良い人に育ってる例を多々見てるんで、さほど神経質にならんでもいいかなぁと思ってる。
 
 
もちろん、同じ保育園の友達だとか、親同士が仲良くて一緒に遊ぶ友達だとか、
誰も知り合い居ないよりは居た方がいいだろな、とは思うけども。
 
個人的には、無理して学校行かんだっていい派でね。
 
 
ちなみに僕は学生当時、その頃から遅刻癖・サボり癖は炸裂しまくってたけど、基本的にはちゃんと学校行ってた。
 
昨日の記事でもちょろっと書いたけど、友達には毎日でも会って遊びたい寂しがりや人間なんで。
 
 
ただ振り返ってみると、常に、学校のシステムは反吐がでるほどに嫌いだったし、教員のことも大半が嫌いだったね。
 
大人になって、教員側も8年くらい経験してみたけど、やっぱり、学校のシステムと大半の教員が嫌いなのは変わらなかった。
 
まぁつまり、僕が学生当時から嫌いだったそれらの要素は、今でも変わってないように僕は思うわけだ。
 
そーゆーとこが嫌いなんだけど。
 
 
 
臆面もなく言えば、僕は、学生当時、ずっと優秀だった。
 
勉強もスポーツも。
 
このblogでも、わかりやすく自分のことを“オール4タイプ”とか形容してるけど、
実際、ほぼオール5で生きてきた。
 
学校っていう枠の中ではね。
 
 
で、そんな、昔は神童扱いされてたような人が、今どうなのよっつったら、
まぁちゃんと枠に収まれず、まだまだ赤字経営のバーを拠点に時々単発事業に噛んでるくらいの危ういフリーランスおじさんだ。
 
 
 
ここから更に個人的見解を深めてくけど、
 
学校は、
組織の為に、能力を平均化することと、我慢を覚える場になってると思う。
 
軽く毒を吐くなら、高度経済成長期に、モノを大量生産すれば売れた時代に適した人材育成の場ね。
 
 
 
まぁ、別にそれはそれでいいんだ。
 
うちの息子だって、本人が学校好きだってんなら全然良い。
 
 
ただ、僕の時代には、なかなか出来なかった、というか白い目で見られかねなかったし、僕自身も学校に行くのは当たり前だと思ってたけど、
今ならそんなことはない。
 
学校以外にも、学べる友達作るコミュニティはいくらでもあるし、手段もいくらでもある。
 
 
なので息子には、学校という小さい箱の中からだけでは知りえない世界について、その情報だけは沢山提示してゆけたらな、と。
 
 
そんで、ほんとに行きたくなくなったら、まじで行かなくていいし。
 
 
 
彼が楽しく元気に生きてくれたらそれでいい。
僕は常に彼の選択を肯定しよう。
 
 
というわけで、お父さんも、君に、楽しく元気に生きてる様をみせてゆこう。
 
最近、楽しいけど、元気が足りてねぇ。体力が追い付いてねぇ。
 
 
ぼちぼちがんばろう。
 
 
息子誕生日おめでとう。
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。